作成者別アーカイブ: admin_indonesia

インドネシアジャカルタの風俗事情について

ジャカルタ

イスラムの戒律なんてもはや現地の人はほとんど気にしてません。インドネシアジャカルタの性は乱れに乱れまくっており、モールナンパや出会い系もすでにお盛んです。
それでいて物価は日本と比べると格段に安いので、わずか5、6千円で3Pができる置屋や、インポート(北欧など海外からの出稼ぎ)とも手合わせができる高級パラダイススパもあったりと、タイに次いで風俗の選択肢が多いのではないでしょうか。

また、巨乳の名産地としても有名な国で、アラビック系の整った顔立ちと巨乳、それでいて童顔という中々他国ではお目にかかれないようなエキゾチックな女性が多いのもインドネシアの魅力です。

また、人口の多さに比例して、若い女の子の数も半端ないので、より取り見取りとはまさにこの事。

 

援助交際バー

CJ’s Barをはじめとした、いくつかのバーではタイのテーメーやフィリピンエルミタのL.Aカフェのように、売春目的の女の子が常駐しているお店がいくつかあります。

もちろんみなさんフリーランサーなので、若い娘(年齢確認はちゃんとしましょう。)から、ちょいババアまでラインナップは豊富です。

相場はショート 70万ルピア、ロングで120万ルピア位らしいですが、もちろん全ては交渉次第です。英語が不自由だとふっかけられてお終いだと思いますので、初心者向きではないかもしれません。

一応各店ドレスコードがあります。あまりラフな格好だと入店できませんので注意です。

 

 

 

ローカル置屋

コタ駅周辺には、民家を偽装したローカル置屋や、きちんとした大箱の中で行われている置屋など、いくつかタイプがあります。

コタ周辺以外のローカルだと英語が少し通じにくいので、こちらも上級者向きですが、コタ周辺は外国人客も多いので、スタッフが対応してくれる事も多いです。

相場は破格で、20万ルピアから遊べます。未成年もたまにいますので要注意です。

サービスに関してはムラがあるので、多少見た目がまずくても、なるべく愛想の良い娘を選んでおきましょう。

ドローカルな置屋周辺は治安もそれほど良くないので、十分注意して行動しましょう。

 

ロカサリ(赤線地帯)には、現地のインドネシア人向けの置屋が軒を連ねており、川沿いの置屋群「カリジョドなどは海外からの観光客にもそれなりに有名です。

衛生面はかなり厳しいです。インドネシアの闇を肌で味わいたいという方向け。

 

 

 

パラダイススパ

ジャカルタ風俗の大本命。ここで3Pを体験せずにジャカルタを去れるかと言いたいぐらい、一度は遊んでほしい風俗、それがパラダイススパです。

基本的にはマカオのサウナと同じようなシステムで、女の子を見てからヤリ部屋へ移動するといった感じです。日本のソープと違って目の前で女の子を品定めできるのは嬉しいですね。

高級店として有名なのは、アレクシス (Alexis) やマリオボロ (Malioboro) 、大衆向けではホテルトラベル (Hotel Travel) や クラシックホテル (Classic hotel) などがあります。日本人好みの子も多く選びやすいと思います。

大衆向けパラダイススパの相場は、 35万ルピア~50万ルピアで女の子の質も悪くありません。わずか5、6千円で3Pができてしまうので、イかない手はありません。ぜひ行きましょう。
高級店になると当然値段・質ともに高くなってきます。施設内の設備も高級店と呼ぶにふさわしい作りになっているので、旅の疲れを取るのにも最適な場所です。

 

 

 

エロマッサージ

インドネシアに限らずどの国にもあるので、特筆すべき点はありませんが、店舗型以外にも、日系のデリヘルなどもあるので、ちょっとホテルを出たくないぞ、ホームシックだぞ、という方は利用してみてもいいかもしれません。

 

システムもだいたい同じで、手コキ・尺八・本番といった具合にオプション価格が加算されていく場合が大半です。

基本的に高くつくので、私はめったに利用しません。

 

 

KTV (キャバクラ)

現地で汗水流して働く駐在員向けのお触りアリなカラオケ屋。日本のキャバクラ・スナックに近い感覚で、ブロックMという日本人向けのKTV密集地域があります。もちろん日本語が話せるネシアっ娘や、ママさんもいるので、安心して楽しめます。

もちろん日本人向けなので、夜遊びスポットとしてはちょっと高いです。女の子もそこそこスレている事が多いので、ハマって泥沼昼ドラ劇場チックな展開になっても知りません。実際そういうおっさんはインドネシアに限らず東南アジアのいたるところで見かけます。悲惨です。

もちろん現地人向けのKTVもありますので、現地語が多少できるよという方はナンパしに行ってみるのもいいかもしれませんね。ローカル店はスレてない娘が多そうです(勝手な憶測)

 

 

ナイトクラブ・ディスコ

管理人が個人的にハマっているのはクラブ・ディスコナンパです。ちょっと冒険したいお年頃の学生・OL、素人ネシア娘をGETするにはもってこいの場所です。とはいえ、アングラ店もあるので、お店の中にいる客層の雰囲気などを見て、安全なお店かそうでないかを判断する必要があります。

白人などの観光客が多いお店は安全かというと、決してそんな事もなく、ちょっと選球眼が必要とされます。ハプニングバーとまではいきませんが、はっちゃけ過ぎちゃってるインドネシアの若者たちを眺めるのもこれまた乙なもんです。

インドネシア人を始めとした外国人に人気の日本橋の風俗

日本橋の風俗求人情報はこちら

最近は日本橋を始めとした大阪の繁華街ではインバウンドの外国人を沢山見かけます
日本橋の風俗も外国人に人気みたいです

“日本の技術学びたい”インドネシアが外国人研修生に期待

“日本の技術学びたい”インドネシアが外国人研修生に期待

 国外からの労働者受け入れ問題は、今年に入ってにわかにクローズアップされ始めている。労働力としての移民を受け入れるか否か、はたまた技能研修生という名目で来日してくる外国人の取り扱いについて、様々な議題が浮上している。

特に技能研修生問題は深刻だ。「研修」の実態が劣悪な環境での低賃金労働というケースが少なくないと分かると、このような非人道的な取り組みは即刻廃止するべきという声が大きくなった。だが実は、「発展途上国の労働者を期限付きで日本に呼び寄せる」という行いそのものは外国政府から多大な期待をかけられているのだ。

◆日本の技術を求めるインドネシア
総人口約2億5000万人を有するインドネシアでは今、自国の若い労働者を日本へ次々と派遣するプロジェクトが現地政府主導で行われている。現地メディアのムルデカ・ドットコムは、この問題に絡むラフマット・ゴーベル貿易大臣の声を伝えている。

「ゴーベル氏は、日系進出企業に対し商品の流通だけが政府の望みではないと提言。我が国の労働者の技術向上も事業の一つであると語った。『日系企業の役目は、モノ作りに留まらない。良質な人材資源の構築にも当然力を入れるべきだ』。チカラン工業団地で行われたエプソン主催『モノ作りセミナー』で、ゴーベル氏はそう話した」

ゴーベル氏は中央大学出身で、かつては松下グループの社員だった。従って、ゴーベル氏の発言は日本財界に大きなインパクトをもたらす。資源輸出国から工業立国を目指すインドネシアにとって、エンジニアの育成は急務なのだ。

◆労働大臣の期待
計画はすでに動いている。日本ではほとんど報道されていないが、インドネシア政府は2月25日に多数の技能研修生を日本に派遣した。これについては、現地経済紙ビジネス・インドネシアが詳しい。該当記事によると、日本国内の45の企業がインドネシア各地から集まった111人の若者を受け入れるという。期限は3年で、その後は必ず帰国しなければならない。

ハニフ・ダキリ労働大臣は、「(過去の同様の取り組みによる)元研修生は現在、各企業で素晴らしい成果を収めている。同時に、日本での経験を生かし独立する元研修生もいる」と述べている。ダキリ氏が111人の若者にかけている期待の大きさは、この言葉で充分伝わってくる。それだけインドネシアという国は、スキルの習得に対して貪欲なのだ。

◆研修生は「留学生」
さらに付け加えるなら、この111人は決して円貨欲しさで集まった集団ではない。実はインドネシア政府は、自国へやって来る外国人労働者を締め出すと同時に自国からも出稼ぎ労働者を極力出さないという方針で動いているのだ。

一見矛盾に感じるかもしれないが、これについて現地紙トリブンが細かく書いている。

「ハニフ・ダキリ労働大臣は、インドネシアでの就労を望む外国人は必ずインドネシア語をマスターしなければならないと明言。また、外国での就労を望むインドネシア人も同じ条件を課せられていると話した。
(中略)
『もし我が国の国民が日本で働きたいなら、当然日本語を覚えるべきだ。香港ならば広東語を、行き先が中東でもそれは同じだ』。」

もし該当国言語の検定試験に合格できない場合は、国外就労のための出国許可を与えないということもダキリ氏は語っている。すなわち、ダキリ氏が満を持して日本に送り出した111人は、すでにインドネシア国内での厳しい選考をくぐり抜けているということだ。そんな彼らはもはや「出稼ぎ労働者」などではない。「留学生」と表現してもいいくらいである。

こうなると、外国人を受け入れる企業の側も「技能研修」という言葉の重みを認識せざるを得なくなってくる。そもそも「技能研修=奴隷労働」というイメージを日本国内で定着させてしまったのは、国際感覚に欠けたブラック企業の罪だ。個人だろうと法人だろうと、そのような者の行く先に明るい未来はない。我々日本人は今こそ、世界最先端の技術の「使い道」を本気で考えるべきではないだろうか。

◆外国人の受け入れ先として需要が高い東海地区

名古屋を中心とした東海地区では好調な製造業が多く、

人材不足気味の日本の中でも特に深刻な人手不足に陥っている。

その為名古屋を中心とした飲食店などでも人手が足らず全国的に見ても好待遇な求人が多い

名古屋を中心とした東海の飲食店はねらい目ともいえる

インドネシアの労働人口について

インドネシアの労働人口について

インドネシア

インドネシアインドネシア

現地労働者の能力向上が喫緊の課題

2014年7月に10年ぶりの大統領総選挙がおこなわれるインドネシア。選挙結果によらず、今後も自国労働者保護の政策は続くとみられる。進出企業にとっては、インドネシア現地労働者の質の向上が課題だ。

人口ボーナスは2030年までは継続。

インドネシアは、総人口に占める生産年齢人口の増加が2030年までは続くとされている国である。中国やタイは2010年代の前半に生産年齢人口のピークを迎えており、ベトナムは2020年までといわれているから、生産年齢人口の視点から見たインドネシアの魅力は、他国と比較しても高いとみていいだろう。

しかし、ここで問題にしたいのは、生産者の「数」ではなく、「質」である。一例をあげると、インドネシアには複数の外資系自動車メーカーが参入しているが、多くの企業はインドネシアでは一部パーツを製造し、最終的な工程である組み立てはタイでおこなっている。その理由の1つとして、インドネシアの労働者に対する職業能力上の課題をあげる企業もある。

インドネシアにおける労働の質を上げるには、(1)労働の質の向上に必要な人材を本国から派遣する、(2)現地で調達する人材レベルを上げる、(3)現地人材を育成する、の3つの方法が考えられる。(1)については、インドネシア政府が外国人労働者に対する規制を強化しているため、本国から現地に派遣する人員を増やすことは現実的ではない。(2)の現地での調達であるが、オフィスワーカーの調達は容易ではない。その理由は、労働市場において一定レベルのスキルを持つ人材が限られていることと、外資系企業の進出増加によって、需給バランスに乱れが生じていることにある。

そうなると(3)の現地人材を採用して自社で育成することが求められるわけだが、これも簡単にはいかない。現地で工場を稼働して数年経つ外資系企業でも、マネジメント層が不足しているという実態がそれを物語っている。そもそも、インドネシアの大学進学率は、マレーシアや中国よりも低く、労働市場における大卒者は6.4%程度であり(国家統計局“National Labor Force Survey 2012”)、職業能力の向上を目指した施策も順調だとはいえない。むしろ、インドネシア政府は外資系企業に対して、自国の労働者の能力開発を期待しているようにも見えるのだ。

引き抜きリスクを見こした人事施策を

インドネシアにおいて自社内での人材育成を考える際には、他社からの引き抜きリスクを考慮する必要がある。

インドネシアには古くから続く財閥があり、IMF(国際通貨基金)勧告以降も財閥の力は衰えているとはいえない。現地の求職者は、財閥系現地企業への就職を最優先に考えており、次に外資、最後に財閥系ではない内資企業が続く。この状況は今後も変わりはないだろう。つまり、外資系企業において限られた優秀なインドネシア人材を獲得したとしても、財閥系企業に引き抜かれるリスクがあるということだ。

また、外資系企業のなかででも賃金の高い業界に引き抜かれる可能性がある。大学を卒業した20~39歳の若年層を対象とした、「グローバルキャリアサーベイ」(リクルートワークス研究所、2012)の結果では、インドネシア人の4割強が「仕事をする上で大切だと思うもの」を「高い賃金・充実した福利厚生」であるとしている。ちなみに、タイ・マレーシア・ベトナムでも同様の傾向が確認されているが、アメリカ・オーストラリア・日本においては、「自分の希望する仕事内容」が最も高い。

外資系企業はこうした引き抜きにあったとしても業務遂行に支障がでないよう、赴任者や現地人材で補いたいところだが、先に述べたようにそれは容易ではない。育成コストをかけて、現地人材の育成に励まなければならないわけだが、その際には、育成した人材が引き抜きにあわないよう、現地人材にとって魅力的な人事施策を整備することが求められる。

賃金や労働時間を整備する

ここで、人事施策を整備するうえでの参考として、リクルートワークス研究所が2014年3月に現地のマネジメント層を対象として実施した「ASEAN4カ国の職場実態に関する調査」から現地企業のオフィスワーカーの働き方を確認してみよう。

本調査は、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの従業員100名以上の企業で、現地のマネジャーとして働く、各国200名を対象に実施されたものである。男女比率は6:4であった。

本調査によると、インドネシア従業員の平均勤続年数は5年半であり、他3カ国と比較をしても大きな差はない。平均的な労働日数は週当たり5.4日で、労働時間は42.5時間と、4カ国のなかで労働時間に差は見られない。職務範囲を超えた仕事の有無についても、「よくある」「ときどきある」と回答した人の割合は、74%に上る。インドネシアといえば、デモや労働争議のイメージが強いが、現地企業で働く者を対象とした調査の結果を見てみると、労働争議や労使紛争の有無を尋ねた質問に、「(過去1年間に)あった」と回答したのは、3割程であった。主だった内容は、賃上げや超過勤務についての交渉だ。

この調査結果を見ると、職務範囲を超えた仕事を日常的におこなっているが、あわせて、賃金や超過勤務に対する処遇の整備が強く求められていることがわかる。

今後も政府は現地労働者保護の方針

さて、インドネシアでは2014年7月に10年ぶりの大統領総選挙がおこなわれる。各政党が候補者を擁立しているが、4月の総選挙で第一党となった闘争民主党の大統領候補である、ジャカルタ特別州知事のジョコ・ウィドド氏と、元陸軍戦略予備軍事司令官であるプラボウォ・スビアント氏の接戦になるとみられている(2014年5月24日現在)。国民に人気の高いとされるジョコ・ウィドド氏の属する闘争民主党は、ASEANで最も企業にとって厳しいとされる、2003年の労働法を制定した政党でもある。この労働者寄りの労働法に関してはこれまでに幾度も企業団体から反対の声が上がっていたが、制定から10年以上経った現在も改定されることなく適用され続けている。

大統領選挙の結果がどうであれ、今後も政府の労働者保護の姿勢は変わることはないだろう。そうした場合、インドネシア進出を検討している企業は、現地人材の能力開発に加え、労働法で規定されている、解雇にかかるコストもあわせて検討する必要があるだろう。

インドネシアは人口の多さから消費大国とも称されるが、所得格差や教育格差の問題も見逃すことはできない。7月の大統領選挙およびその後に着手されるであろう各種施策の動向に注目する必要がある。